キャッシングをするなら返済方法について知っておこう!

借り入れと支払いについて

カード

消費者金融でのキャッシングで、例えば「最大500万円融資可能」と書かれていたら自分も借りられると思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、誰でも最大の融資額を利用してもらうことはできません。消費者金融でのキャッシング利用額は、一人ひとり異なり、収入や過去の借入状況などの審査によって金額が違います。そのため、消費者金融が審査によって決められた金額以上は融資することはできません。もし、消費者金融で融資の利用を考えているのであれば、限度額まで必ずしも借りられるわけじゃないと頭に入れておきましょう。では、どうやって決められているのでしょうか。限度額は利用される方の年収3分の1に設定されています。それ以上は貸し出しを行ってはいけないと決められています。また、審査では申し込み用紙に書いている情報を元にして、この人に貸してもちゃんと返済してくれるか金融機関が判断します。他社から借り入れがないか、勤続年数が少ないかという方は、キャッシングの限度額が低くなってしまうので注意しましょう。

消費者金融でキャッシングした際の返済方法はいくつかあります。まずは、消費者金融の店頭ATMで支払う返済方法があります。この返済方法は、カードがない場合でも利用することができ、支払い手数料が無料になります。また、口座振替といった返済方法もあります。口座振替なら毎月決まった日にちに、自動で引き落としてくれるので、支払い忘れを防ぐことができます。また、この支払い方法なら手数料も掛かりません。その他にも、コンビニ支払いやネットバンキング支払い、銀行振り込みといった方法もあります。自分の利用しやすい返済方法で返済しましょう。

女性

良い点・悪い点を知る

資金繰りは、経営者にとって非常に重要な業務です。支払いで必要な金額が用意できない場合、銀行、信用金庫、ビジネスローンで借り入れができます。借り入れる前に、メリット・デメリットについて理解しておきましょう。

クレジットカード

リボ払いについて

キャッシングの返済方法としては、ATMやコンビニ、銀行で支払えます。ですが、支払いの際に翌月ちょっと支払いがきついかもという時もあります。そのような場合は、キャッシングリボ払いとして支払うことができます。

男の人

無担保のローン

銀行で融資を受けた場合担保が発生します。担保は、万が一支払えなくなった際に差し出すことができます。しかし、ビジネスローンは担保がありません。そのため、金利が高く設定されています。